2017年8月21日月曜日

ヒール役のヒーラー



米国の反トランプなマスコミも日本の反日マスコミレベルなんですよねえ・・・(爆wwwwwww



イージス駆逐艦「ジョン・S・マケイン」とリベリア船籍の石油タンカー「アルニクMC」

 【ワシントン=黒瀬悦成】米海軍第7艦隊は20日、横須賀基地(神奈川県横須賀市)を母港とするイージス駆逐艦「ジョン・S・マケイン」がマラッカ海峡に近い南シナ海で日本時間21日午前6時24分ごろ、リベリア船籍の石油タンカー「アルニクMC」と衝突したと発表した。乗組員10人が行方不明となり、5人が負傷した。


第7艦隊の声明によると、衝突事故があったのはシンガポールとマラッカ海峡の東方沖。マケインは船体の左舷後方を損傷した。事故当時、シンガポールに寄港するため通常の航路を航行していたとしている。艦は自力で航行し、港に向かっているという。

現在、シンガポール海軍と警察沿岸警備隊の協力で行方不明者の捜索・救出作業が行われている。付近の海域にいた米強襲揚陸艦「アメリカ」もMV22オスプレイ輸送機とSH60哨戒ヘリを現場に派遣した。

米海軍のイージス駆逐艦をめぐっては、今年6月に静岡県・伊豆半島沖で駆逐艦「フィッツジェラルド」とコンテナ船が衝突し、同艦の乗組員7人が死亡している。マケインはフィッツジェラルドと性能や大きさが同じ「アーレイ・バーク級」。

ロイター通信によると、マケインは今月11日、南シナ海のスプラトリー(中国名・南沙)諸島のミスチーフ(美済)礁にある中国が造成した人工島付近で「航行の自由」作戦を実施していた。
http://www.sankei.com/photo/story/news/170821/sty1708210008-n1.html





やっぱ法則ry・・・

偽GOD派の系譜@カタルーニャ



Ripoll (Catalan pronunciation: [riˈpoʎ]) is the capital of the comarca of Ripollès, in the province of Girona, Catalonia, Spain. It is located on confluence of the Ter River and its tributary Freser, next to the Pyrenees near the French border. The population was 11,057 in 2009.
The first traces of humans inhabiting the area date from the Bronze Age and can be seen in form of dolmens such as those found in El Sot de Dones Mortes or in Pardinella. This area was later used by peoples from the Atlantic culture to store bronze weapons and as a passway from the Catalan Central Depression to the Pyrenees. The area also has tombs from the late Roman occupation age and some belonging to the Visigoths.
It has a famous Benedictine monastery built in the Romanesque style, Santa Maria de Ripoll, founded by the count Wilfred the Hairy in 879. The count used it as a centre to repopulate the region after conquering it. In the High Middle Ages, its castle, the Castle of Saguardia, located in the county of Les Llosses was ruled by the Saguàrdia family, of which Ponç de la Guàrdia was a famous troubadour.
An abundance of coal and iron ore, coupled with the ample water supply of the rivers Ter and Freser, encouraged a metal-working industry in the early Middle Ages. The furnaces of Ripoll were a prime source of nails for the peninsula. Later, pole arms and crossbows, always in demand, were added to Ripoll’s exports. Ripoll enjoyed a reputation throughout Europe for the production of firearms. That success as a manufactory of firearms brought frequent trouble to the city. French invasions in 1794, 1809, 1812, and 1813 crippled the city industries. However, the final and utter destruction of Ripoll, resulting from mines and blasting, occurred in 1839 during the Carlist Wars. Due to the loss of records and archives, not much is known of Ripoll and its industry to this day.


以前、民主党議員が殺到した「青山議員宿舎」閉鎖

衆議院は東京・港区にある「青山議員宿舎」の老朽化が進んでいることなどから、閉鎖したうえで、新たな宿舎を千代田区内に建設する方針を固め、来年度予算案の概算要求で調査費を計上するよう求めることにしています。

衆議院は東京・港区内に2つの議員宿舎を保有していますが、六本木にある「青山議員宿舎」は建設から50年以上が経過して老朽化が進んでいるうえ、
赤坂にある「赤坂議員宿舎」と合わせた部屋の数も340室にとどまり、議員が希望しても宿舎に入居できない状態になっているということです。

このため衆議院は「青山議員宿舎」を閉鎖したうえで、千代田区富士見の議員宿舎の跡地に新たな宿舎を建設する方針を固め、来年度予算案の概算要求で調査費を計上するよう求めることにしています。

衆議院は、平成19年から使用が始まった「赤坂議員宿舎」に対し「施設が豪華すぎる」、「使用料が安すぎる」といった批判が出されたことも踏まえ、
今後、宿舎の規模や使用料などについて検討を進めることにしています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170820/k10011105181000.html


ジェリー・ルイスことジョーゼフ・レヴィッチ(Joseph Levitch)死去。

ジェリー・ルイスJerry Lewis1926年3月16日[1] - 2017年8月20日)は、アメリカ合衆国喜劇人俳優映画プロデューサー脚本家映画監督。本名、ジョーゼフ・レヴィッチJoseph Levitch)。
スラップスティックなユーモアと同時に、筋ジストロフィー患者支援のテレソンチャリティ基金「レイバー・デイ・テレソン(別名:MDAテレソン)」を創設したことで知られる。
ニュージャージー州ニューアーク出身。両親はロシア系ユダヤ人[2]。父親がヴォードヴィル芸人だったため[3][4]、5歳から舞台に立つ。
1946年ディーン・マーティンと「底抜けコンビ」を結成。人気ナイトクラブでの活動に加え、パラマウント映画製作によるコメディ映画の人気シリーズに出演する。コンビは結成10年後に解散した。
代表作の一つ『底抜け大学教授』(1962年)は、1996年エディ・マーフィ主演で『ナッティ・プロフェッサー クランプ教授の場合』としてリメイクされた(原題はともに『The Nutty Professor』である)。
また、筋ジストロフィー患者の社会参加と治療費捻出、ならびに筋ジストロフィー協会の活動の啓蒙を念頭において1966年から「レイバー・デイ・テレソン」と題したチャリティーコンサートを開催し、全米にテレビ中継。2010年まで45年間担当した。

現在、ネバダ州南部ラスベガス在住。

熊谷さん@大鍋屋

2017.8.20 18:21更新
安倍晋三首相、私邸で河野太郎外相らから訪米報告など受ける

安倍晋三首相は20日、東京・富ケ谷の私邸で、訪米から帰国した河野太郎外相と小野寺五典防衛相から日米外務・防衛担当閣僚による安全保障協議委員会(2プラス2)などの報告を相次いで受けた。小野寺氏は報告後、記者団に対し、首相から「しっかりと日米の連携を強めてください」との指示があったと話した。

両氏に先立って秋葉剛男外務審議官ら外務省幹部も私邸入りし、モスクワで17日に開かれた日露外務次官級協議について報告した。
http://www.sankei.com/politics/news/170820/plt1708200008-n1.html


本来、人間はレイシストとして生まれてくるものだよ(爆w

「これはもう差別発言」 宮本輝氏「芥川選評」が大物議2017/8/18 19:34
芥川賞

第157回芥川賞に「真ん中の子どもたち」という作品でノミネートされた台湾生まれの作家・温又柔(おん・ゆうじゅう)氏(37)が、同賞の選考委員を務めた作家・宮本輝氏の「選評」にツイッターで怒りを露わにしている。
「もどかしく悲しく怒りに震えました...」――。宮本氏の選評が2017年8月10日発売の月刊誌「文藝春秋」に掲載されて以降、温氏はこうした怒りのツイートを何度も投稿している。一人の作家をここまで立腹させる選評とは、いったいどんな内容だったのか。

「他人事を延々と読まされて退屈だった」
第157回芥川賞は7月19日に選考会が開かれ、沼田真佑(しんすけ)氏(38)の「影裏(えいり)」が受賞作となった。選考委員を務めたのは、宮本氏をはじめ、奥泉光氏、村上龍氏、山田詠美氏ら現代文学を代表する作家10人。
温氏は台湾・台北市で生まれ、3歳の頃に東京に引っ越し、台湾語混じりの中国語を話す両親のもとで育った。候補作となった「真ん中の子どもたち」は、台湾出身の母と日本人の父を持つ若者が自らの生き方を模索する姿を「母語」をテーマに描いた作品だ。
この作品に対する宮本氏の選評は、次のようなものだった。
「これは、当事者たちには深刻なアイデンティティーと向き合うテーマかもしれないが、日本人の読み手にとっては対岸の火事であって、同調しにくい。なるほど、そういう問題も起こるのであろうという程度で、他人事を延々と読まされて退屈だった」(「文藝春秋」2017年9月号より)
こうした宮本氏の批評について、温氏は掲載誌の発売翌日にあたる8月12日未明(日本時間)、ツイッターで怒りを爆発させた。「どんなに厳しい批評でも耳を傾ける覚悟はあるつもりだ」と前置きした上で、
「でも第157回芥川賞某選考委員の『日本人の読み手にとっては対岸の火事』『当時者にとっては深刻だろうが退屈だった』にはさすがに怒りが湧いた。こんなの、日本も日本語も、自分=日本人たちだけのものと信じて疑わないからこその反応だよね
と指摘。続くツイートでは、「おかげさまで炎は燃えあがる一方。ここが『対岸』かどうか、今に見ててね」と挑戦的な一言を送っている。
https://www.j-cast.com/2017/08/18306220.html

パヨク洗脳されてない限り・・・

日本に住んでる普通の日本人にとって、在日台湾人に対する差別なんて対岸の火事。
逆に台湾に住んでる普通の台湾人にとって、台湾在住の日本人に対する差別なんて対岸の火事。

日本に住んでる普通の日本人にとって、在日韓国人に対する差別なんて対岸の火事。
逆に韓国に住んでる普通のコリアンにとって、在韓日本人に対する差別やヘイトなんて対岸の火事どころか愛国的と推奨されてるぐらい。(爆wwwwww

日本に住んでる普通の日本人にとって、在日朝鮮人に対する差別なんて対岸の火事。
で、北朝鮮に住んでる日本人は逃亡中のテロリストか拉致「被害者」ぐらいなわけで・・・(爆wwwwwww

米国に住んでる普通の白人にとって黒人差別なんて対岸の火事。
米国に住んでる普通の黒人にとって白人ヘイトなんて対岸の火事。

人間にとって差別って実はきわめて自然なもんなんですよ。(爆wwwwwww

黒人の見知らぬ大人を見ても泣かなくても白人の大人を見たら泣く黒人の赤ちゃんはレイシスト。
白人の見知らぬ大人を見ても泣かなくても黒人の大人を見たら泣く白人の赤ちゃんはレイシスト。

日本人の他人を見ても泣かなくても在日コリアンを見たら泣く日本人の赤ちゃんはきっと嗅覚がするどくキムチ臭に敏感なんでしょうなあ・・・(爆wwwwwwww



2017年8月20日日曜日

マンガリッツァ

秋篠宮さまと眞子さま、「食べられる国宝」見学
読売新聞:2017年08月20日 20時58分

【ブガツ(ハンガリー南部)=沖村豪】ハンガリーを私的に旅行中の秋篠宮さまと長女眞子さまは20日、首都ブダペストから南へ約100キロ離れた平野部の国立公園に向かわれた。

農場内を馬車で移動し、ハンガリー原産で国宝に認定されている「マンガリッツァ」という希少種の豚などを見学された。

マンガリッツァは「食べられる国宝」として日本でも注目を集めており、「脂は良質で肉質も軟らかい」といった説明にうなずきながら、柵ごしにのぞき込まれていた。

お二人は21日、在来家畜の飼育や遺伝子の研究所、18世紀半ばに建てられたグドゥルー宮殿などを巡り、23日に帰国される予定。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170820-OYT1T50083.html


マンガリッツァ: Mangalica、: Mangalitza: Mangalitsa)とは、品種改良により1833年に生み出された[1]ハンガリー固有の、希少種のである。20世紀初めには約1千万頭飼われていたが、1991年には191頭まで激減。その後は国を挙げての保護策で絶滅の危機を免れて、2004年にはハンガリーの国宝に指定された。現在は5万頭程度に回復した[2]
全身がカールしたで覆われているため、別名「ウーリーピッグ(羊毛の豚)」とも呼ばれている。毛の色によって、金、赤、黒と3種類に分類することができ、黒い鼻の淵、口元、を持っているのが特徴である。
マンガリッツァの肉はピック社などが販売を手掛けている。ハンガリーの高級料理店「グンデル(Gundel)」を始めとして、ドイツの三ツ星レストラン「ビクターズ(Victor's Gourmet-Restaurant Schloss Berg in Perl)」やウィーンの「ツム・ヴァイセン・ラウフファングケーラー(Zum Weissen Rauchfangkehrer)」などで使用されている。

日本ではピックサラミハンガリー社(東京都)などが取り扱っているほか、しまざき牧場(神奈川県)が2016年に輸入した種豚150頭程度を宮城県で飼育し、2017年からハムなどを出荷している[3]


日本語WIKIからはまた肝心の情報が欠如してるわけで・・・


秋葉賢也・衆院災害特別委員長@トリニダード・トバゴ、パナマ、ペルーと米国


豪雨復旧下に中南米視察 秋葉・衆院災害特別委員長
2017年8月20日 朝刊

衆院災害対策特別委員会の秋葉賢也委員長(自民)と与党理事一人が今月一日から十一日まで、中南米など四カ国を視察していたことが分かった。与党理事は六日に途中帰国した。秋葉氏が視察中の十日に、参院災害対策特別委は九州北部の豪雨などを巡って閉会中審査を行ったが、衆院では開かれていない。野党からは「国内で災害がある中、海外視察は延期すべきだった」との声が出ている。 (横山大輔)

秋葉氏によると、視察は「中南米各国における防災対策等に関する調査」を目的に、トリニダード・トバゴ、パナマ、ペルーと米国を訪問。各国で防災を担当する政府高官や国会議員らと意見交換した。ペルーではマチュピチュ村も訪れ、村役場の災害対策部長から、世界遺産の遺跡に向かう道路の土砂崩れや河川氾濫への対応などを聞いた。

衆院災害特別委は六月末から準備を始め、七月上旬には日程が固まり、視察先や要人との会談を確定させた。日本国内では七月に九州北部や秋田県などで豪雨があり、被害が出た。視察に参加予定だった与野党の理事三人のうち二人はキャンセルした。唯一参加した津島淳氏(自民)も途中で地元日程などを理由に帰国。その後、秋葉氏は単独で視察を続けた。秋葉氏は本紙に「閣僚級との面会約束もあり、キャンセルは相手国に迷惑がかかる。延期は難しかった」と説明している。

秋葉氏は、閉会中審査を開いていないことと、海外視察の関連は否定。理由として、委員長代理を置いて審査できる体制をとったこと、国会運営の方針を決める国対委員会の許可が出ていなかったことを挙げた。

七月と八月に一回ずつ理事懇談会を開き、豪雨災害の被害状況を聴取して質疑も行っており、視察は問題なかったとも説明。秋の臨時国会までには閉会中審査を開きたいとも語った。災害特別委として豪雨被災地の視察実施に向けて、二十二日に理事懇を開く。

視察は衆院の公式議員派遣。議員一人当たり百九十五万円を上限に、航空運賃などを衆院が負担する。
◆災害状況に応じ方針転換必要

<上脇博之(かみわきひろし)・神戸学院大教授(憲法学、政党国家論)の話> 委員会の海外視察自体は百パーセント悪いわけではなく、必要ならば行くべきだ。だが、衆院では議院運営委員会が視察する委員会を決める方法を改め、まず各委員会で視察目的や行き先を決めてから予算要求し、認められて視察する方法にする必要がある。今回は「決まったことだから」と海外視察に行くのではなく、災害状況をみて、例えば国内視察に切り替えるぐらいの方針転換をするべきだった。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201708/CK2017082002000111.html

やっと秋葉レンジャーが・・・(爆wwwwwwwww


慶応大名誉教授で日本ワーグナー協会理事長の三宅幸夫氏が死去

2017.8.19 10:16更新
慶応大名誉教授で日本ワーグナー協会理事長の三宅幸夫氏が死去

三宅幸夫氏(みやけ・ゆきお=慶応大名誉教授、日本ワーグナー協会理事長)8月14日、肝硬変のため死去、71歳。葬儀は近親者で行う。喪主は妻、泰子(やすこ)さん。後日、日本ワーグナー協会主催のお別れの会を開く。

ワーグナーをはじめとする19世紀ドイツ音楽研究で知られる。著書に「菩提樹はさざめく」「シシュフォスの神話-ワーグナー試論」など。
http://www.sankei.com/life/news/170819/lif1708190008-n1.html


日テレ24時間テレビ直前 女性スタッフが「飛び降り搬送」

日テレ24時間テレビ直前 女性スタッフが「飛び降り搬送」
2017年8月18日 7時0分
8月8日の午後9時過ぎ。東京・汐留にある日本テレビの前で「ドスン」という鈍い音が響き、周囲から悲鳴が上がった。ほどなくして救急車と消防車、複数台のパトカーが駆けつけた。近くの飲食店スタッフが話す。
「日テレの目の前のビルから、若い女性が飛び降りたと聞きました。辺りには大量の血が飛び散っていたそうで、警察官に“モップを貸してほしい”と言われましたが、店になかったので、断わってしまいました」
女性は日テレの子会社Aで働く30歳前後の契約社員だった。Aの社員が話す。
「彼女はお笑い番組や歌番組の特番の制作スタッフでした。主にアシスタントプロデューサーを務め、仕事ができると評判も良かった。彼女が飛び降りたのは、日テレに隣接するAが入居するビルでした。数日前には、上司に仕事の悩みを打ち明けるメールを送っていたという話もあるようです」
彼女が飛び降りた直後、会社の前にパトカーや救急車が集まったことで、日テレの番組クルーがカメラを担いで飛び出したという。
「情報番組や報道番組の複数のスタッフが現場に行ったところ、日テレの幹部が慌てて“取材はしなくていい”と止めたそうです」(日テレ関係者)
“身内”の出来事だから報じないということかもしれないが、この日テレ関係者は「別の事情」もあったのではないかと推測する。
「彼女は8月26日から放送の『24時間テレビ』にも関わっていたそうなんです。日テレの看板番組だけに、関係会社を挙げて様々なプロジェクトに取り組んでいますが、数か月前から準備をしているものも多く、8月に入ると追い込みのため、現場の緊張感は相当なものになります。
そんな中、“関係したスタッフが飛び降りた”となれば大きな影響が出かねない。飛び降りた理由や容態など、詳細を知る人は社内でもごく少数のようです」
Aに事実関係を問い合わせると、「その件については日本テレビが窓口になります」とのこと。日テレはこう答えた。
「ご指摘の方につきましては命に別状はないと聞いております。個人のプライバシーに関わることですので詳細について、お答えすることは控えさせていただきます」(広報部)
彼女が『24時間テレビ』のスタッフかどうかについても聞いたが、「答えられない」とのことだった。彼女を知る別の日テレ局員が明かす。
「彼女は『24時間テレビ』の正式なスタッフではありませんでしたが、この番組は関係会社なども巻き込む大プロジェクトですので、まったく無関係とも言えません。飛び降りた理由は定かではありませんが、もし仕事で悩みを抱えていたのであれば、もっと周囲に相談してほしかった」
今年の『24時間テレビ』のメインテーマは「告白~勇気を出して伝えよう~」。女性スタッフの職場には悩みを告白できる環境がなかったのだろうか。
※週刊ポスト2017年9月1日号
http://news.livedoor.com/article/detail/13487412/


Kensington Gardens Square






早速Confirmationが来ましたねえ・・・(爆wwwwwww

日本共産党としばき隊と蓮舫は中国共産党の真性レイシストどもを糾弾せよ!(爆w



国境めぐって対立 中国がインド人をやゆする動画投稿
8月19日 8時17分

インドと中国が、国境付近の係争地をめぐって対立を続ける中、中国国営のメディアがインド人をやゆしながら自国の領土に不法に侵入していると主張する動画をインターネット上に投稿しインドメディアがこれを批判的に伝えるなど反発が強まっています。

インド国境に近い中国とブータンの係争地ではことし6月、中国が進める道路建設を阻止するため、ブータンと関係が緊密なインドが軍を展開し、両軍のにらみ合いが2か月たった今も続いています。

こうした中、中国国営の新華社通信の英語版は今月16日、ツイッターなど、インターネット上にインド人をやゆしながら自国の領土に不法に侵入していると主張する3分ほどの動画を投稿しました。

動画では、女性の司会者が、インド人にふんした男性に「あなたは自宅に押し入った強盗と話し合いますか。警察に通報するでしょう」と話しかけると、男性は、インドなまりの英語で「なんで警察に通報するのだ。一緒に遊ばないか」と答えこれに対し、司会者が「一緒に遊びたいならまずあなたが出て行きなさい」とインド軍の即時撤退を求めるような内容になっています。

動画が投稿された後、インドのメディアは「インド人をばかにする差別的な内容だ」とか、「中国メディアによるプロパガンダだ」などと相次いで批判的に伝え反発が強まっています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170819/k10011104391000.html

シナ人より色の黒いインド人が差別と言ってるんだからコレは疑いようのない差別、即ちレイシズム、即ちヘイトですね。(爆wwwwwwwwww


広島・福山市で県立竹原高校の教師・飯田一明容疑者(45)を覚せい剤使用容疑で逮捕

広島・福山市で、県立高校に勤める教師の男が、覚せい剤を使用した疑いで緊急逮捕された。
覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕されたのは、県立竹原高校の教師・飯田一明容疑者(45)。
18日午後8時半ごろ、住宅街を徘徊(はいかい)していた飯田容疑者は、地域の防犯パトロールにつき添われる形で交番を訪れ、「自宅がわからなくなった」と話したという。
不審に思った警察官が所持品を調べたところ、注射器や白い粉が付着したプラスチックの袋などを発見し、尿検査で覚せい剤の成分が検出されたため、飯田容疑者を緊急逮捕した。
飯田容疑者は、「大阪で使用した」と容疑を認めている。 (テレビ新広島)
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00367732.html




それいゆ@飛騨高山